映画化されている世界の女王、王妃、王女さま 12人





1.モナコ:グレース公妃 モナコ大公レーニエ3世妃

アメリカ女優のグレース・ケリー 
モナコ大公と国際映画祭で出会い1956年に結婚。
グレースが妊娠中のお腹をパパラッチから隠したバッグは後に「ケリーバック」と呼ばれ世界中から注目を集めます。
1982年、運転中に崖から転落し事故死 

Grace Of Monaco(2014年)日本未公開

ニコール・キッドマンがグレース・ケリーを演じています

2.イギリス:ダイアナ公妃 Princess of Wales


イギリス名門貴族の令嬢 1981年にチャールズ皇太子と結婚 
ロイヤルウェディングに世界中から注目を集めます
王室生活の様々なストレスから体調を崩し、皇太子と1996年に正式に離婚
1997年8月パリで交通事故死

ダイアナ:Diana (2013年)

ナオミ・ワッツが演じました

3.イギリス:エリザベス2世 Elizabeth II

ギリシャとデンマーク王家出身のフィリップ(エディンバラ公爵)と1947年に結婚
1952年26歳で女王として即位。

クィーン:The Queen (2006年)

ヘレン・ミレンが女王を演じました

4.フランス:王妃マリーアントワネット

14歳で政略結婚 1774年にフランス王妃となる
フランス革命の動乱の中、市民に糾弾され刑死。

マリー・アントワネット:Marie-Antoinette (2006年)

キルスティン・ダンストが英語で演じています

5.アメリカ(ハワイ):王女カイウラニ

ハワイ王国最後の王女
イギリス留学中に叔父の国王が死亡しハワイ王国は滅亡。帰国後23歳で病死します

プリンセス・カイウラニ:Princess Kaiulani (2009年)

クオリアンカ・キルヒャーが演じました

6.エジプト:クレオパトラ7世
紀元前7世紀の女王クレオパトラ
エジプトの絶世の美女と言われています

クレオパトラ:Cleopatra (1963年)

エリザベス・テイラーが演じています

7.イギリス(イングランドとアイルランド):エリザベス1世 Elizabeth 

1558年 25歳でアイルランド女王として即位

エリザベス ゴールデン・エイジ : Elizabeth: The Golden Age (2007年)

ケイト・ブランシェットが演じています

8.スコットランド:女王 メアリー1世 Mary Stuart

フランス育ちのフランス王妃 
イギリス亡命後はエリザベス1世とアイルランドの王位継承権を争う

Mary of Scotlands (1936年)

キャサリン・ヘプバーン主演。日本未公開。

Mary Queen of Scots (2013年)

カミーラ・ラザフォード主演 日本未公開。

9.イギリス:ヴィクトリア女王 Victoria

1837年18歳でイギリス女王に即位 ヴィクトリア王朝は63年続いた
1858年にはインドを統治する

Queen Victoria 至上の恋:Mrs. Brown (1997年)

ジュディ・デンチが ヴィクトリア女王

ヴィクトリア女王 世紀の愛:The Young Victoria (2009年)

エミリー・ブラントが若い頃のヴィクトリア女王を演じています

10.中国:愛新覚羅浩(嵯峨 浩)
中国最後の皇帝の弟、愛新覚羅溥傑(あいしんかくら ふけつ)の妻は日本人女性でした

『流転の王妃』1960年

京マチ子が愛新覚羅浩を演じています

11.中国:武則天

唐王朝の皇后、夫の死後は自ら女帝となり武周朝を築く 中国唯一の女帝

武則天:Empress Wu Tse-Tien (1963年)

李麗華が演じています

12.タイ:ウボンラット王女

“ウボンラッタナラーチャカンヤーシリワッタナーパンナワディー王女”
タイの現代の王族。俳優業をしています。

มาย เบสท์ บอดี้การ์ด:マイベストボディーガード(2010年)

王女熱演のアクション映画

関連記事
眠れる森のお姫さまになれる寝具

Be the first to comment

Leave a Reply